天国の階段をおすすめする2つの理由

韓流ドラマファンでこのドラマを知らないならモグリと言われてしまうほど、有名かつ名作の1品をご紹介します。それは『天国の階段』です。
主人公は建築家の娘チョンソと大企業の息子ソンジュ。二人は幼馴染でありながら、互いに両想いという関係です。二人の関係はうまくいっていたのですが、チョンソの父親が再婚したことで事態は大きく変わっていきます。再婚相手にはテファという息子と、ユリという娘がいて、ユリがソンジュの事を好きになったため、継母とユリはチョンソとソンジュの仲を引き裂こうと色々と嫌がらせをしてきます。その、嫌がらせを乗り越え結ばれた二人ですが、病魔という新たな困難が立ちはだかるのです。ハンカチが何枚あっても足りないくらい、嗚咽覚悟の泣ける韓国版『シンデレラ』というところでしょうか。

このドラマにハマってしまう、お勧めポイントを2つご紹介します。

1:涙の演技が最高!
チョンソを演じるのは、冬のソナタでお馴染みのチェ・ジウ。ソンジュを演じたのはクオン・サンウ。ユリを演じたのは悪女役のイメージがあまりないキム・テヒ。テファはダンディなシン・ヒョンジュン。この4人の涙の演技が最高なんです。わざとらしくなく、観てるこちらも思わず涙してしまいます。クオン・サンウと言えば、素晴らしい筋肉でも有名で、ドラマの中にも彼の肉体美が拝めるシーンもあるのですが、このドラマに関しては是非彼の涙の演技を観て欲しいです。

2:愛する妹のために・・・自己犠牲愛が凄すぎる!
『天国の階段』といえば、主人公のソンジュよりも、義兄のテファお兄ちゃんのファンも多いのではないのでしょうか。私もそんなテファお兄ちゃん派の1人です。
テファはチョンソに思いを寄せているのですが、自分の気持ちを伝えられずにチョンソの事をいつもそばで見守っている素敵なお兄ちゃんです。そんなテファの姿は涙なくしては見られないです。私が20歳超えてから現在まで、嗚咽する程泣いたのはこのテファお兄ちゃんが死んでしまうシーンです。妹が幸せになるためなら、恋愛だって身を引き、妹が病気で失明する可能性があると知れば、自分の命さえ惜しまない自己犠牲愛の強いお兄ちゃんです。

切なく、悲しいラブストーリーなのですが、とても素晴らしい『純愛』が描かれたドラマだと思います。韓国では最高視聴率が驚異の44.1%を記録したドラマですので、まだ見たことがないのであれば是非見て下さい!その際はハンカチを忘れずに!
天国の階段が好きな方はきっとトッケビも気に入りると思うので是非見てみてください!