恋愛マニュアル ハッピーエンドで終わり、本当に良かった

34歳でテレビ記者をしているシニョンは、ある日、彼からプロポーズされる。
しかし、その日に彼の浮気現場を目撃してしまうのです。
そんなある日、シニョンは取材先で1人の男子学生と出会います。
年下のその青年は、ミュージシャンのミンジェだったのです。
やがて、シニョンの部屋にレストラン・コンサルタントをしているとブギと、同時通訳の仕事をしているダジョンが住むようになり、3人の女性達は友情を深めていきました。
そんな時、ミンジェは先輩であるパンソクに、ある賭けを持ち掛けるのです。
その賭けというのは、自分がシニョンを口説く事に成功したら、何でも頼みを聞いて欲しいというものでした。

とてもリアルな女性像だと思いました。
仕事ばかりで、お洒落にも興味がないシニョン。
常にお洒落で、メイクも完璧で、いつもクールだけど、友情には厚いブギ。
そして、仕事の時と友達といる時ではガラッと態度が変わってしまうダジョン。
自分の身近な人に必ず1人はいるような、そんな女性達が恋に友情に忙しいのが、このドラマの魅力です。
そして、やはり見所はシニョンと年下のミュージシャンであるミンジェとの恋です。
最初はミンジェの事は、あまり好意的に思えませんでした。
シニョンを口説けるかどうかを賭けにするなんて、何て最低な男なんだと思いました。
ですが、回を重ねていく内に、彼の本質が見えてきた気がしました。
彼は、きっと不仲な両親の間に挟まれて、自分の感情を押し隠して生きてきたんだと思うんです。
だから、シニョンと関わる事で、どんどん彼の本当の感情が見えてきた気がして、良かったと思いました。
最初の動機は確かに不純なものでしたが、だんだんとその気持ちが本物に変わっていくのは、見ていてもとても自然な流れでした。
年の差が一回りもあると、シニョンと同じように大抵の女性は戸惑います。
このまま好きになっていて良いのだろうかとも思います。
でも、カップルになった2人を見ていると全然違和感がないんです。
二人が別れ、シニョンが海外特派員として旅立った時には、もう会えないのかと思いました。
きっとミンジェは、シニョンの事は忘れてしまうだろうと。
ですが、彼は忘れませんでした。
シニョンを待っている気持ちを歌に託したミンジェ。
そして、今でも愛しているというメッセージ。
女性なら嬉しくない訳ありません。
ハッピーエンドで終わり、本当に良かったです。
女性にとって結婚は憧れのものです。
ですが、ただ憧れているだけでは出来ないものだという事も、よく分かるドラマでした。
NHKプレミアムでイソンが終わってしまいましたが、今度は秘密の扉というドラマが放映されますね。