彼女はキレイだった ハリの複雑な心の中が見えるシーンは泣けます

[あらすじ]
幼い頃は美人の母親似で、かなりの美少女だったへジン。しかし、成長とともに残念な容姿の父親似になってしまい、髪は天然パーマで爆発、顔はソバカスだらけという女性へと変貌してしまいました。
自分の容姿に自信がないへジンは、恋も就職もうまく行かず仕舞いでした。

そんな時、急に幼馴染みだった男の子ソンジュンから「久しぶりに会いたい」と連絡が来ます。
へジンが美少女のまま成長したと思っているであろうソンジュンとの再会に困り果てるへジン。
素直に会う自信がないへジンは、美人のルームメイトであるハリに自分の代役としてソンジュンに会ってもらうことにします。

ソンジュンは、ハリをへジンだと何の疑いもなく信じでいる様子。
ハリもそんなソンジュンに好意を抱くようになり、ハリはへジンに内緒で、ソンジュンとデートを重ねます。
 
そんな頃、ファッション雑誌の編集部での仕事が決まり、働き始めたへジン。
ある日、副編集長として、あのソンジュンがやってきたのです…。


[おすすめポイントと感想]

2015年に韓国のMBC局で放送されたラブコメです。
地元、韓国では高視聴率を記録したドラマだったようで、キャストが豪華メンバで、このドラマの脚本を担当したチョ・ソンヒが、作家賞を受賞するなど、快挙をなし得ています。

ファッション雑誌の編集社が舞台になっているドラマでそこで巻き起こる男女4人の恋と笑いと涙の物語です。
登場人物のキャラクターが、しっかりと細かく設定されていて、一人一人の役どころが分かりやすく、非情に観やすいドラマでした。
このドラマの登場人物は、嫌いで嫌みな人が一人もいないと感じる、何だか不思議なドラマでした。
一人一人のキャラが可愛らしく設定されていたので、そう思ったのかも知れません。

可愛らしいキャラ設定の中に、みんな何かしらのコンプレックスと戦っていて、時には失敗しながらも、落ち込みながらも明るく元気に前向きに生きていっている姿に感動しました。
そんな姿を、笑いと涙を交えたラブコメとして描いているので、決して重い感じがなく、楽しみながら観ることができました。

同じ職場で働きながらも、正体を明かせないヒロインのへジンと、それに全然気づかないソンジュンを観ていて、ヤキモキしたりしましたが、またそういったシーンでのコメディ色が濃厚で、好きなシーンでした。

ハリを観ているのは、切なかったですね。
へジンとの熱い友情もあるけれど、ソンジュンへの想いも捨てきれない。
ハリの複雑な心の中が見えるシーンは泣けます。

胸キュン要素が強い作品で、とてもかわいい仕上がりのドラマでした。
観たら絶対楽しめること間違いなしです。
自信をもっておすすめします。
今視聴中でオススメなのがその女の海というドラマです!
ドロドロなのですが、よくあるストーリーではないので苦手な方でも一押しです!