「パスタ~恋が出来るまで~」20話だけじゃ物足りないワクワクさせるドラマ

国内で有名な一流レストラン「ラ・スフェラ」でアシスタントとして3年間仕事をしていたユギョン(コ・ヒョジン)がやっと一人前としてフライパンを握れる日にヒョヌク(イ・ソンギュン)が店のシェフとして現れる。シェフとして一流でイケメンと完璧であるヒョヌクだが性格は最悪。「厨房に女はいらない」と俺様ぶりを発揮し、調理場にいた女性を全員解雇。「ラ・スフェラ」でコックになることが夢だったユギョンは何度も店を訪れヒョヌクに教えてほしいとしつこくつきまとう。最初こそ軽くあしらっていたヒョヌクだが真っ直ぐひたむきで教えられたことを真摯に向き合い成長していくユギョンに心を許しいく。全20話の厨房内の恋愛、葛藤を描いたラブコメ。

このドラマの魅力はなんといってもユギョンの可愛さの一言に尽きます。
シェフのヒョヌクにどれだけ教わりながら罵倒されても「はい、シェフ」としっかり教えを受け止め、しっかりと覚えてきて次の教えを請いにいくユギョンの姿に男性はほっとけるはずはありません。
また、シェフのヒョヌクのツンデレなところも魅力であることは間違いないでしょう。
しつこく店にやってくるユギョンを追い返せばいいところを、なんかんだでしっかりヒントを出しつつ成長を楽しみに待っている姿は可愛さすら感じてしまいます。
俺様シェフを発揮しているヒョヌクですが、実は「厨房に女はいらない」は彼の挫折ゆえに導き出した自分の答えです。
それに巻き込まれる形になったユギョンですが、「ラ・スフェラ」に働きたいがためにわざと無銭飲食をし、強引に見習いとして入った執念はすさまじいもので、夢を諦めない姿に視聴者である私も心を奪われました。
心を奪われたのはヒョヌクも例外ではなく、最初こそは邪魔とユギョンを追い返してましたが、「はい、シェフ」と真っ直ぐな目にコックとしてだけではなく女性として受け入れ、そしてついには過去のしがらみから抜け出し成長していきます。
2人に感化されて「ラ・スフェラ」にいる全員が成長して最後の大団円の時には感動です。
最初こそはヒョヌクにイラつきながらも健気なユギョンの子犬のような表情に心奪われてただけですが、ストーリーが展開するごとにヒョヌクが超ツンデレ化していく様に身悶え、心を許して2人が付き合いだしてのデレデレからのお母さんかと思わせる心配性っぷりにも別の意味で心を奪われました。
2人の挫折から恋愛、成長していくラブコメからサクセスストーリーは20話だけじゃ物足りない、そんなワクワクさせるドラマです。
今度BSで放送されるハイクラスが楽しみです!