韓国ドラマ モンスター感想 新たな幸せを求めて終わる所がとても感動

「モンスター」は主人公グクチョルの叔母の夫である叔父の欲によって、裕福で何の心配もなく両親の愛情に包まれながら幸せに暮らしていた生活が一瞬にして孤独へと変わってしまいます。
両親を事故で亡くし自分も事故の後遺症で視力を失い、財産を狙う叔母が敵となり周りに信じられる者がいない時にバイトで来たジョンウンと出会います。
少しずつ心を開きはじめた時に叔父の手によって罠にはまってしまい、ジョンウンと家族を巻き込んでしまう事件が置き二人は離れ離れになってしまいます。
叔父の魔の手から逃げ命を守る事は出来ましたが、全てを失ったググチョルには何の力もなく生きて行くだけで精一杯でしたが、叔父への憎しみが消える事はなく復習の機会を待ちます。
両親を失い全てをなくしたググチョルは叔父への復讐だけが生きて行く為の力となっていましたが、視力を失っていた為中々思うようにはいかず諦めかけていた頃に、叔母の秘書で自分の味方になってくれた女性と再会し、視力を取り戻し力をつけ叔父の勤めている会社に入社します。
叔父は浮気を隠す為にググチョル家族を殺害する条件である会社と取引をしていましたが、結局浮気はばれてしまい愛人と妻が争ったあげく妻は命を落としてしまいます。
妻が死んでからも愛人との関係が終わる事はなく、逆に愛人を利用し自分の欲を満たしていく姿は二面性があり人間の醜さを感じさせられます。
叔父はググチョルの財産と愛人を利用し登りつめるはずでしたが思う様にはいかず、次の手を考え野望を失う事はなくググチョル家族を殺した事に対しても罪の意識感じる事もなく平然と普通の暮らしている姿は、人間は欲を満たす為なら悪魔になってしまうのだとゾットするシーンです。
死んだと思っていたググチョウルの存在が少しずつわかり始めおびえる姿は、残酷な人でも人間らしさを失ってはいないのだと思いますが、またしてもググチョルを消しにかかる行動はどんな事をしても自分の欲を優先し人の痛みを感じないのだと実感させられます。
再会したジョンウンと叔母の秘書の力を借りながら、何度も叔父に立ち向かっていくググチョルの姿は見ていて痛々しい所もあり、復習をやめてしまえば楽になれるのにと思う場面も多くあります。
結局叔父は欲のあまりに全てを無くし地獄へと落ちていきます。
ググチョルが取り戻した視力を失ってしまう所はとてもかわいそうですが、再会したジョンウンとググチョルが新たな幸せを求めて終わる所がとても感動的なドラマです。
今は適齢期惑々ロマンスというドラマにハマっています!